イベント&セミナー お申込み・お問合せ
HOME 家研サービス 家研パートナー 教えて家づくり 家研レポート
HOME > 山梨県産材の話 > 山梨の木
山梨県産材の話
山梨県産材の話
木の家
木の家を建てるということ
山梨の木
甲斐東部木材団地
日本には数多くの樹種が存在します。
それぞれに特徴があり、昔から日本人は箸や桶といった日用品から巨大な建造物にいたるまで木という素材を利用してきました。
木造住宅を建てるうえで、その木を学ぶことは家づくりの基本とも言えます。
山梨県産材として最もよく利用されている「桧」と「杉」、そして「唐松」の主な特徴について紹介します。


桧
[Hinoki cypress]
ヒノキ科ヒノキ属
【産地】
スギに次いで造林面積が広く、本州中部から四国、九州を経て屋久島に分布している日本特産種です。
【色調・性質】
辺心材の色の差ははっきりしないことが多く、辺材は黄白色、心材は淡紅色をしています。特有の芳香があるのが大きな特徴です。耐久性や保存性もよく、加工も容易で狂いも少ないなど、世界でも最も優れた針葉樹といわれます。肌目は精緻で、表面を上手に仕上げると美しい光沢が現れます。
【用途】
優れた性質を持つため、寺社建築をはじめ高品質な材料として使用されるほか、造作材・建具材・家具材・曲物材など幅広く用いられます。


杉
[Japanese cedar]
スギ科スギ属
【産地】
日本特産の代表的な樹種で、造林面積が最も広く、本州北部から四国、九州に至るまで幅広く分布しています。
【色調・性質】
辺心材の色の差がはっきりとしていて、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色までかなり幅があります。材質は、やや軽軟で、比較的狂いは少なく、加工が容易。木目に沿って縦に割れやすい性質を持っています。
【用途】
建築用材として最も多く用いられ、構造材・天井材・磨丸太・家具・割り箸など幅広い用途に使用されています。


唐松
[Japanese larch]
マツ科カラマツ属
【産地】
天然分布は、本州中部から北部に至り、人工植栽樹においては北海道が最も主要な産地になっています。
【色調・性質】
辺材は白色、心材はやや茶褐色をしています。材に節が出ることが多く、脂壺などのキズが現れることがあります。針葉樹の中では重硬で、耐久性、耐湿性に優れてはいますが、割れやすいという欠点があります。年数を経ると木肌が赤みがかり、風格のある美しさを醸しだすようになります。
【用途】
家屋の土台・梁・桁や電柱・鉄道の枕木・屋根板などに用いられ、樹皮はタンニンを含み染料にします。
このページのトップへ
copyright(C) ieken.